封筒・はがきの表書き【宛先・宛名の書き方】

手紙を書く男性のイラスト手紙やはがきの表書きにもマナーがあります。改まった場合には、文面も宛名も縦書きすることが基本となりますが、親しい関係のへ宛てる手紙などでは、文章を横書きすることがありますが、そのようなときはそれに揃えて、表書きも横書きにしてもよいでしょう。

住所や名前を書くときも、相手が読みやすい文字の大きさで、誤字や脱字がないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

表書きのルール

< 宛先・宛名 >

  • 郵便番号:はがきや封筒に〒マークがない場合は、〒マークを書かかないで番号だけを書くようにしましょう。
  • 住所 :都道府県名から住所は書くようにしますが、はがきの場合は文字を書くスペースが少ないため、都道府県名は省略してもかまいません。
  • 会社名・部署名:会社や部署名は、名前の右横に少し小さめの文字で書きます。会社名や部署名は、(有)(株)などと省略してはいけません。
  • 宛名 名前は住所よりも少し下げて、ハガキや封筒の中心に大きい文字で書きましょう。連名で出すときやなどは、それぞれ名前の後に様をつけるようにします。

敬称の使い方に注意しましょう。

< 差出人 >

  • 郵便番号:郵便番号欄がないときは、郵便マーク「〒」は書かずに、住所と名前の上に番号だけを書くようにしましょう。相手から返信があることも考慮して、郵便番号は必ず必要です。
  • 差出人住所:都道府県名から住所を書きますが、はがきの場合は書くスペースがすくないので、省略してもかまいません。
  • 会社名・部署名:住所の左側に一段下げて社名を書きます。部署名は、社名を書いた後に一文字下げて書くようにします。
  • 差出人氏名:住所よりも下げて名前を書くようにします。名前は、住所よりも大きな文字で書きます。
  • 発信年月日

代筆について
はがきや手紙を代筆するときは、本来書かないといけない人の名前を署名し、その下か左下に少し小さめの文字で代と書きます。夫の代わりに妻が書いたときは、夫の名前の下か左下に内と書きます。
自分とも関係性のある方なら、本人の名前の左横に代筆○○と自分の名前を書くと、印象がよいでしょう。

基本的には、縦書きの場合は漢数字、横書きの場合は算用数字を使用しますが、縦書きの場合でも部屋番号は、わかりやすい算用数字を使うのもよいでしょう。
番地の途中で改行してはいけません。
セロハンテープやホチキスで封をせず、のりできちんと閉じましょう。

はがき表書きの見本・レイアウト

ハガキ縦、表書きを縦書きしたはがきの見本
ハガキ縦、表書きを横書きしたはがきの見本

ハガキ横、表書きを横書きしたはがきの見本
ハガキ横、絵葉書きの宛名書きの見本

封筒の書き方の見本・レイアウト

洋封筒の表書きの見本

 のりで封をして、「〆」「締」「封」などと書きます。祝儀などのときは、「賀」「寿」と書きます。

洋封筒の書き方の見本

洋封筒の裏の書き方の見本

 洋封筒の場合は、「〆」などと書く必要はありません。封じ目の位置に気を付けるようにしましょう。

手紙を手渡するとき

手紙を直接会って手渡しするときは、相手の住所を書く必要はありません。「○○様」「○○御中」などと、宛名を中央に大きく書いてお礼状を手渡ししましょう。

差出人の名前は、封筒の裏側に書きますが、相手が返信してくるかもしれないので、手間をとらせないように郵便番号と住所も忘れずに書くようにしてくださいね。